借り換え・おまとめをするとどうなる?

 

カードローンの借り換えやおまとめというのは、ある程度契約したローンを利用していて自身の借り入れ・返済状況を見直した際、さらにローン利用をしやすく出来ないか?と考えた時に検討する手段です。

 

借り換えとおまとめ両方をひっくるめて、カードローンの借り換えという事もありますが、借り換えとおまとめは実際は別物として考えた方が初心者の方は混乱しなくて済むと思います。

 

簡単に借り換え・おまとめを区別すると…

 

借り換え

1社からの借り入れを別の1社へ移す事

 

おまとめ

複数社からの借り入れを全部合わせて、その中のどれか1つまたは別の1社に移す事

 

借り換え・おまとめをする目的はどちらの場合も大きく2つ、金利を低く抑える。毎月の返済額を低くする。ことです。

 

 

カードローン借り換え・おまとめのメリットは?

 

原則、カードローンの返済を楽にするために借り換え・おまとめはします。

 

つまり、カードローンで必要となる支払いを少なくすることをカードローン借り換えでは目指します。

 

そこで借り換え・おまとめでは、低金利化と少額返済化を考えるわけですが、そうした結果どう返済が楽になるかといえば、それぞれ以下のような効果があります。

 

借り換え・おまとめの効果
  • 低金利化借り換え・おまとめ=利息及び総支払額の負担が軽くなる。
  • 少額返済化借り換え・おまとめ=毎月の約定返済額が少額で済む。

 

消費者金融でカードローン契約をしている場合は、銀行の通常カードローンへ借り換え・おまとめ契約するだけで、基本的には金利も返済額も下がります。

 

その為、同じ額を借りていても借り換え前と後では完済時の総支払額が変わってきます。

 

金利・返済額の2点のローン利用におけるメリットは、借り換え・おまとめすることで両方受ける事も可能です。

 

しかし、出来れば低金利を取るのか低返済額を取るのか、どちらのメリットを取るか明確に決めておいた方が良いといえます。

 

というのも、もし金利が下がっても約定返済額(最低返済額)も同時に下がる事で、完済までの返済期間が延び、その場合低金利メリットが潰れる可能性があるからです。

 

金利は利息に繋がりますから本来金利を低く抑えることは、最終的な総利息額(総支払額)を減らすことが目的のはずです。

 

ところが、返済期間が延びる=返済回数が増えるという事は、利息を払う回数も増えるという事なので、あっという間に借り換えによる数%の低金利化の意味を無に帰してしまいます。

 

その場合、返済する金額を金融機関が提示する約定返済額(最低返済額)より多めにして返済することで低金利メリットが潰れてしまう事が防げます。

 

しかし、それでは返済額を抑える借り換えの意味が今度は何だったのか?という事になってしまうわけです。

 

1社から1社への通常の借り換えの場合は、金利か返済額が減らなくてはする意味がありません。
しかし、おまとめローンは複数に及んでいるローンを一本化することで、返済日を統一できるというメリットがあります。
その為、借入先が複数ある場合はそのまま返済していくよりも、返済日が毎月1回だけになり、利息も1社に払えばよくなるので、精神的な負担も軽くなるでしょう。

 

借り換え・おまとめで金利と返済額どちらを低くするのがおすすめ?

 

すると、金利と返済額どちらを優先してカードローンの借り換え・おまとめを検討するのがいいのか?と疑問に思う事でしょう。

 

誰にでも一概にどちらが良いと断言は出来ませんが、借り換え・おまとめ後の完済までの期間を基準の一つにしてみるのがおすすめです。

 

返済期間を基準に、借り換え・おまとめで金利と返済額のメリットどちらを取った方が相性が良いか、大きく2パターン挙げられます。

 

早期完済なら低金利

 

早期の完済を目指すことを目標としているなら、自分の残高の金額で一番低金利で借りられ、約定返済額が少額でないところを借り換え・おまとめ先にしましょう。

 

金利が低いと、約定返済額から差し引かれる利息額が少なくて済みます。

 

また、約定返済額が高いと返済する金額自体も多いので、残高の返済に充てられる金額が多くなり、返済期間の短縮が可能です。

 

加えて、借り換え・おまとめ後は追加借り入れを避ける、または出来ないローンプランであらかじめ契約するのもオススメです。

 

返済滞納防止なら少額返済

 

完済以前に、現在の返済額ではそのうち払えなくなって延滞してしまうかもしれない…

 

毎月の返済が今の契約先では厳しい為、約定返済額を少額にしたい!

 

というような場合であれば、一度金利については諦めて、当面の返済が少額で済むような約定返済額設定のところへの借り換え・おまとめを優先しましょう。

 

カードローン借り換え後は随時返済と上乗せ返済が肝!

 

早期完済を目指すなら、毎月の約定返済よりも多く返済をしていくのが良い。と先述しました。

 

というのは、約定返済額は借入残高に対応する最低限払うべき金額となっているからです。

 

その為、ずっと約定返済額で返済をしていくと、思ったよりも返済期間が長くなります。

 

金融機関のHPにある返済シミュレーションを利用すると、「毎月○円ずつ払う事で何年何か月で完済」と、簡単に表示されるのでなにげなく納得しがちです。

 

しかし、返済期間を短縮するなら約定返済以外の返済もすべきです。

 

その方法として、毎度の約定返済日に返済額に任意の額を足して返済する上乗せ返済と、返済日以外に任意の金額を返済する随時返済の2つが挙げられます。

 

また、随時返済は各金融機関が一定期間も設けている、繰り上げ期間にすることで繰り上げ返済となります。

 

繰り上げ返済は、約定返済日を前倒しして返済する方法で、約定返済日より前に返済をすることで直近の返済日を先送りできる効果があります。

 

時に、上乗せ返済の場合は関係何のですが、契約先の金融機関によっては随時・繰り上げ返済に関して、する際に手数料がかかることがあります。

 

カードローンでの随時・繰り上げ返済では、基本的に手数料がかからないことが多いです。

 

ところが、おまとめローンで契約すると、手数料が発生する金融機関も中にはあるので、そのあたりは注意が必要です。

 

随時・繰り上げ返済がネットバンキング機能を利用して、いつでもインターネット返済できる契約先が、早期完済を目指す場合はオススメです。
または、とにかく随時・繰り上げ返済に手数料がかかることを避けるなら、手数料無料で提携コンビニATMが利用できるカードローンへの借り換え・おまとめがオススメです。
返済することが億劫になってしまうような返済方法でしか、随時・繰り上げ返済が出来ない金融機関は避けた方が良いでしょう。

 

消費者金融から消費者金融へ借り換える意味はあるの?

 

時に、借り換え・おまとめを消費者金融ですることも可能です。

 

その場合、総量規制例外貸付として年収に関係なくおまとめをする事も可能です。

 

ただし、消費者金融で借り換え・おまとめをする場合は専用のローンプラン契約となり、借り換え・おまとめ後の追加借り入れが出来ません。

 

完済するまでは返済するだけになり、追加融資も別の借入先を作ることも出来なくなります。

 

また、消費者金融の金利はどこも同じ程度で、借り換えたところで低金利になりませんし、返済額も借入額10万円以下=4,000円がどこも最低返済額となっていて変わることがありません。

 

銀行の通常カードローンへ借り換え・おまとめした方が、金利も低く借り入れの自由もあります。

 

その為、消費者金融を消費者金融に借り換えるメリットは実はあまりないです。

 

しかし、一切借り入れをせずにとにかく完済をしなくてはいけない!という多重債務などの状態で、一度ローンの清算を考えているのなら、消費者金融の借り換え・おまとめ専用ローンで返済に徹するのも良いでしょう。

 

おまとめでローンの一本化をするために、利用している複数の消費者金融を1つに絞るのなら、管理もし易くなりますし複数社に払っていた利息も一ヵ所に支払うだけになるので、しないよりはした方が良いです。

 

しかし、消費者金融A社の残高を消費者金融B社に移すというような借り換えはお勧めしません。

 

借り換えは、あくまで金利や月々の返済額が借り換えることで少しでも抑えられることが目的ですから、それらのメリットがない消費者金融同士の借り換えはする意味がないといえます。

 

ただし、例えば借り入れ・返済が出来るATMが手数料無料で使えるものが自身の生活圏にない場合などは、カードローンの使いやすさの改善という事で契約先を変えたいなどの目的であれば、借り換えてみるのも良いかと思います。

 

しかし、カードローン借り換え・おまとめをする先は、なるべく銀行カードローンにすることをオススメします。

 

どうしても、銀行で借りられない場合だけ消費者金融への借り換え・おまとめは検討するようにしましょう。

 

銀行のフリーローンもおまとめに向いている?

 

また、借り換え・おまとめ時だけの借り入れだけで良い。という場合は、銀行のフリローンもお勧めできます。

 

銀行フリローンは、資金用途が原則自由なので、多目的ローンという用にもローンプランとして提示されていることが多いです。

 

フリーローンの特徴は、金利が大体10%以下という低金利であることです。

 

ただし、消費者金融の借り換え・おまとめ専用ローンと同じく、契約後の追加借り入れは出来ません。

 

その分貸付側としては、貸し倒れリスクがないので、低金利での貸付契約が出来るのです。

 

ところが、フリローンの場合、契約先によっては繰り上げ返済(随時返済)が自由に出来ない、または、手数料が千円以上もかかったりする。という事があります。

 

せっかく10%以下の金利で借りたのに、さらに返済期間を短縮して総支払額をおさえようと繰り上げ返済をしたのに、手数料がかかっていては本末転倒です。

 

勿論、手数料がかからずに繰り上げ返済が出来る銀行もありますから、銀行フリーローンで低金利借り換え・おまとめと同時に返済期間も短縮させたい場合は、繰り上げ返済に手数料がかからない銀行での契約を検討しましょう。

 

銀行フリーローンでは繰り上げ返済に手数料がかかることもありますが、カードローンでの繰り上げ返済で手数料がかかることはありません。
その為、借り換え・おまとめ後に積極的に繰り上げ返済を考えている場合は、フリーローンではなく通常の銀行カードローンを借り換え先にするのが良いでしょう。

 

カードローンの借り換え・おまとめでも審査はある!

 

借り換えやおまとめでも、カードローン新規契約時と同じように与信の審査があります。

 

その為、誰でもがカードローンの借り換え・おまとめに成功するわけではありません。

 

加えて、おまとめローンの場合は特に、貸付額が高額になることが多いですから、金融機関も慎重に貸す相手を選びます。

 

そして、おまとめローンといえど、際限なくいくつもの借り入れ件数を一本化出来るわけではありません。

 

一般的な与信審査のボーダーラインは、借り入れ件数が4社までといわれています。

 

4社以上にわたって借り入れ契約をしていると、多重債務であるとみなされ、新規借り入れは勿論、借り換え・おまとめも出来なくなってきます。

 

また、信用情報に事故情報(異動情報)がある場合も借り換え・おまとめどころか、原則、信用情報から記載が消えるまで与信審査が関わる契約の一切が不可能です。

 

カードローン借り換えやおまとめローンの審査を安全に通過するなら、借り入れ件数が2〜3社のうちに検討するのが望ましいでしょう。

 

時に、借り換え・おまとめの場合、初めての借り入れ契約と違うのは、既に借り入れをしていたという履歴があるので、そのローン利用履歴が健全であれば審査にプラスに働くことです。

 

借り入れ履歴に、返済遅延が一度もなかったり、借入先が複数あっても各社の残高がそれなりに減っているという返済状況がみられると、それはローン利用実績になります。

 

借り換え・おまとめ専用ローンは契約しやすいのか?

 

カードローン同士の借り換えは、基本的にカードローンの新規契約をするのと変わりがありません。

 

しかし、借り換え・おまとめに専用のローンを選ぶと、先述もしましたが返済一徹となります。

 

すると、契約後借り入れ側の債務が増えることがないので、自由に追加借り入れ可能なカードローンよりも貸し倒れリスクが低いといえるでしょう。

 

その為、通常のカードローン同士で借り換え・おまとめ審査を受けるよりも、専用ローンは返済しか出来ない分契約がし易い傾向にあります。

 

とはいっても、勿論、返済遅延を繰り返していたり、異動情報が信用情報に記載されている場合は、返済専用の借り換え・おまとめローンでも審査通過は出来ません。

 

ただ、低金利の銀行カードローン審査を通過するほどの返済能力は見受けられず、落ちてしまった方でも専用のローンでなら借り換え・おまとめが出来る場合があるという事です。