JCBザクラスとは?JCB最上位のブラックカードを解説!

管理人

 

日本には唯一国際ブランドのJCBがあり、そのJCBの最上位プロパーカードが「JCB THE CLASS」です。

 

カードのクラスはプラチナカードですが、カードのデザインがブラック一色であることから、JCBのブラックカードと呼ばれています。

 

カードの利用限度額は個別に設定されますが、基本的に350万円の金額は確保されます(Maxは上限500万円)。なお、後払い方式の電子マネー「QUICPay」(クイックペイ)の機能を搭載したカードもあります。

 

JCBザクラスの年会費はいくら?ザクラスのメリットと魅力は?

本会員の年会費は5万円で、三井住友VISAプラチナカードと同じ金額です。家族カード(8枚まで発行)の年会費は全て無料で、ETCカードの年会費も無料です。

 

ちなみに、年1回「メンバーズセレクション」と呼ばれるカタログギフトのようなものが贈られ、2万円相当の商品と交換できます。従って、JCBトラベルクーポンなどと交換すると、実質の年会費は3万円に下がります。

 

JCBザクラスの最大のメリットは、そのステータスに加え、ディズニーランドにある、ディズニー好きなら一度は行ってみたい、会員制レストラン「クラブ33」のペアチケットが手に入ることです。

 

約半数の人は、これ目当てでザクラスに入りたいと思っているのではないでしょうか?

 

以前までは申込すればペアチケットが手に入りましたが、今は残念ながら抽選となっております。クラブ33に入るには、ザクラスが必要となりますので、ディズニーランド好きの人ならば夢見るレストランなのです。

 

また、年会費が5万円なのはブラックカードの中でもかなり安くなっています。ダイナースのブラックで年会費130,000円、アメックスのプラチナでも138,000円となっている中、JCBは破格の5万円です。

 

ここまで年会費が安くても、ダイナースのブラックより取得のハードルは高くなっています。ダイナースは会社を経営していれば、ブラック取得者からの紹介であれば、ほぼ審査は通過します。

 

しかし、JCBザクラスは、紹介でも審査は厳しく、経営者よりも弁護士や医者、上場企業の役員の方が取得し易いと言われています。

 

見た目の格好良さに加えて、取得ハードルが高く、年会費は安い。ディズニークラブ33の抽選も可能なので、間違いなく人気のブラックカードです。

 

JCBザクラスは24時間対応のコンシェルジュ

JCB THE CLASSでは「コンシェルジュデスク」によって、24時間365日のサポートを受けられます。

 

ホテルや航空券、レストランなどの予約はもちろん、旅行に関する相談まで専任デスクに対応してもらえます。

 

各クレジット会社で同様なコンシェルジュサービスが提供されていますが、対応に関してはJCBが高評価を受けています。

 

なお、コンシェルジュサービスは旅行だけに限られず、例えば、会社の単なる飲み会を行う際の場所の設定や予約を依頼することができます。また、誕生日会や送別会の時にはプレゼントや花束を用意してもらうことも可能です。

 

さらに、プロスポーツの決勝戦やスターのディナーショーなど、通常のルートでは取得しにくいチケットなども手配してもらえます。

 

また、コンシェルジュデスクとは別に、JCB THE CLASS会員専用の「ザ・クラス・メンバーズデスク」が設置されており、24時間・年中無休で会員からの問い合わせに対応しています。

 

ディズニーラウンジ・JCB Lounge 京都の利用

JCBは東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーということもあり、JCB THE CLASSを保有していると、ディズニーランド内のアトラクション「スター・ツアーズ」、ディズニーシーのアトラクション「ストームライダー」の中にあるJCBのVIP用ラウンジを年1回使えます(4名まで利用可)。

 

アトラクションにも優先的に乗れ、ディズニーランドホテルやミラコスタ、アンバサダーホテルの宿泊に特典が与えられます。

 

一方、京都劇場入口そばにあるJCB Lounge 京都も利用できます。JCB Lounge 京都に入れるのは、JCB THE CLASS以外では、年会費80,000円のANA JCBカードプレミアム、年会費31,000円のJAL JCBカード・プラチナなどの保有者だけです。カード会員1名につき同伴者1名まで無料で利用できます。

 

そして、冒頭で書きましたが、会員制レストラン「クラブ33」のペアチケットも抽選ですが手に入れることができます。

 

プレステージ会員用プライオリティ・パスが無料

世界約120ケ国、約400の都市、約700ケ所の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」を無料で提供されます。

 

搭乗する航空会社や飛行機には関係なくラウンジが利用できます。また、VIP用ラウンジは手荷物検査を終えた後のスペースに設置されているため、搭乗開始のアナウンスがあるまでラウンジでゆっくり過ごせます。

 

なお、プライオリティ・パスとは別に、国内主要空港とハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジも無料で利用できます。同伴者も1名まで無料です。

 

グルメ・ベネフィットの特典

高級レストランの所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分のコース料理代金が無料となります。

 

約100ある対象店舗の中にはミシュランの星を取ったレストランも入っています。1店舗につき半年に1回という制限だけで、年間の利用回数には制約が無いため、色々な店で年間5〜6回利用すれば、それだけで年会費分の元が取れるようになります。

 

ダイニング30での優待サービス支払が30%OFF!

対象の飲食店で専用クーポンを提示すると、JCB THE CLASSでの支払いが30%OFFになります。なお、3名まではグルメ・ベネフィットを利用した方がお得ですが、4名以上になるとダイニング30の方が割安になります。

 

JCBプレミアムステイプランの利用

JCB THE CLASSは日本各地の厳選されたホテル・旅館に宿泊できる「JCBプレミアムステイプラン」を利用でき、優待価格での宿泊や料理が提供されます。

 

海外クルーズ優待サービス

シルバーシー・クルーズの豪華客船での船旅で特別優待を受けられます。全室海側、バスタブ付きの部屋が用意され、さらに、船内での買い物などに利用できる「船内クレジット」が貰えます。

 

また、「アクティビティー・ホステス」と呼ばれる日本人乗組員によるサポートがあり、日本人シェフによる本格的な日本食サービスも提供されます。

 

JCBザブラックを取得する方法は?インビテーションの基準

JCB THE CLASSのインビテーション(招待状)の基準は以前より厳しさが薄くなっており、重要視されるのがJCBの利用履歴です。JCBの加入歴が長く、JCBゴールドを保有して年間100万円以上の利用を続けているとインビテーションが届くようになります。確実性が高いのは200万円以上の利用です。

 

JCBザクラスのポイント還元率

JCB THE CLASSは1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まります。1ポイントは5円相当なので、還元率は0.5%です。クレジットカードの利用自体における価値はほとんどありません。

 

JCB STAR MEMBERSでポイントアップ

年間の利用金額が一定以上になるとクラスがアップし、翌年度のポイント還元率がアップします。年間利用金額が30万円以上で「スターe PLUS」、50万円以上で「スターβ PLUS」、100万円以上で「スターα PLUS」、300万円以上で「ロイヤルα PLUS」となります。

30万円〜 50万円〜 100万円〜 300万円〜
ステージ スターe スターβ スターα ロイヤルα
ポイント 20%up 30%up 60%up 70%up
還元率 0.60% 0.65% 0.8% 0.85%
1,000円当り 1.2p 1.3p 1.6p 1.7p

 

優待店でのポイントUP

「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の店舗でカードでの決済をすると、ボーナスポイントが貯まります。

主なJCB ORIGINAL SERIESパートナー
ジャンル 店名
ショッピング イトーヨーカドー、セブン-イレブン、福田屋百貨店
カフェ スターバックス
ネット通販 Amazon.co.jp、トレンドマイクロ・オンラインショップ、DMM.com
カーライフ 昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラル、オリックスレンタカー
ファッション・家具 Right-on、アレックス、THE BODY SHOP、スタージュエリー、ヌマヤ、FLANDRE ONLINE STORE
トラベル 国内宿泊オンライン予約、JCBトラベル、JCB海外おみやげサービス、東京ディズニーリゾートトラベル
エンタメ HMV ONLINE、エルパカBOOKS、U-NEXT、DMM.com
ゴルフ ゴルフダイジェスト、バリューゴルフショップ
ライフ ヒューマンアカデミー、キッザニア東京、キッザニア甲子園、日経ビジネス
引っ越し アート引越センター

イトーヨーカドー、セブンイレブン、Amazon.co.jpではポイントが3倍となり、還元率が1.5%となります。昭和シェル石油、エッソ・モービル・ゼネラルはポイントが2倍で還元率は1%です。特に、スターバックスはポイントが5倍になり、還元率は何と2.5%に上がります。

 

Oki Dokiランド経由で還元率が1%以上up!

JCBには「Oki Dokiランド」というポイントモールがあります。

 

ポイントモール経由でAmazon、楽天、ヤフーショッピング、ロハコなどで買い物をすると、クレジットカードやネット通販サイトのポイントとは別に、ポイントが貯まります。

 

なお、ポイント倍率はJCBの基本還元率(0.5%)に基づいています。

 

例えば、「JCB STAR MEMBERS」でスターα PLUS(還元率が0.8%)になっている場合、ポイント倍率2倍のショップを利用すると還元率が0.8×2=1.6%になるわけではなく、基本還元率0.8%にボーナスポイントの0.5%が加わって1.3%となります。

 

Oki Dokiランドの主な店舗
ジャンル 名前 倍率
総合 Amazon 2倍
楽天市場 2倍
LOHACO 2倍
Yahoo!ショッピング 2倍
ポンパレモール 2倍
ベルメゾンネット 3倍
ニッセン 4倍
ヤマダモール 2倍
スーパー等 SEIYUドットコム 2倍
FANCL 2倍
DHCオンラインショップ 4倍
家電 ビックカメラ.com 3倍
Applestore 2倍
ヤマダ電機WEB.com 2倍
エディオンネットショップ 2倍
本・音楽 BookLive 2倍
honto 2倍
TSUTATAオンライン 2倍
旅行 エクスペディア 2倍
JCBトラベル 2倍
近畿日本ツーリスト 2倍
JAL日本航空 5倍
クーポン グルーポン 2倍
ポンパレ 2倍
ファッション マルイウェブチャンネル 2倍
ジーユーオンラインストア 2倍
ABC−MART.com 2倍

 

電子マネーのチャージ

電子マネーへのチャージによるポイント対応はほとんどしていません。

 

ポイントの付与されるのはQUICPayだけで、nanacoやモバイルSuica、SMART ICOCAにはチャージは可能ですが、ポイントが付きません。楽天Edy、WAON、PASMOにはチャージそのものができません。

 

主なポイント交換先

移行先ポイント名 必要ポイント 移行先ポイント 還元率
キャッシュバック 500 1500 0.3%
1,000 4,500 0.45%
nanacoポイント 200 1,000 0.5%
楽天スーパーポイント 200 800 0.4%
Tポイント 500 2,000 0.4%
Suicaポイント 500 2,250 0.45%
ドコモポイント(dポイント) 200 800 0.4%
auWALLETポイント 200 800 0.4%
楽天Edy 500 1,500 0.3%
ビックポイント 200 1,000 0.5%
JALマイル 500 1,500 0.3%
ANAマイル 500 1,500 0.3%
JTBトラベルポイント 200 1,000 0.5%

 

主な金券類の交換必要ポイントと還元率

移行先 必要ポイント 交換先価格 還元率
JCBギフトカード 1,050 5,000 0.48%
2,050 10,000 0.49%
JCBプレモカード 230 1,000 0.43%
670 3,000 0.45%
nanacoカード 550 2,000 0.36%
1,050 5,100 0.49%
QUICPay付nanacoカード 1,050 5,700 0.54%
iTunesCard 500 1,500 0.3%
スターバックスカード 650 2,000 0.31%
ぐるなびギフトカード 650 2,000 0.31%
すかいらーく優待券 650 2,000 0.31%
USJスタジオパス(2名分) 2,600 14,400 0.55%

 

JCBザクラスの保険の付帯はどうなっているの?

JCB THE CLASSは、国内外の旅行保険が自動付帯です。

 

カードによる旅行代金の決済の必要はありません。保障額も非常に高額になっており、安心して海外に行けます。

 

海外旅行保険

旅行代金をカードで決済すると、死亡・後遺障害の保障額が5,000万円増額されます。

補償内容 本人補償最高額 家族補償最高額
死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円
傷害治療 1,000万円 200万円
疾病治療 1,000万円 200万円
救援者費用 1,000万円 200万円
賠償費用 1億円 2,000万円
携行品損害

1旅行100万円/年間100万円
(自己負担3,000円)

1旅行50万円/年間100万円
(自己負担3,000円)

 

国内旅行保険

国内旅行保険には家族特約はありません。

補償内容 補償額
死亡・後遺障害 最高1億円
入院費用 5,000円/日(事故日から180日限度)
手術費用 最高20万円(5万/10万/20万)
通院費用 2,000円/日(事故日から180日以内90日限度)

 

国内航空機遅延保険

搭乗した航空便の遅延、預けた手荷物の遅配などによって、余儀なくホテルに泊まったり、新しい洋服を買ったりした場合はその費用が保険から補償されます。国内・海外のいずれも補償の対象です。

 

ゴルファー保険

ゴルフ中のケガや盗難、クラブの破損など、様々な損害が補償される「ゴルファー保険」が本人会員・家族会員に適用されます。国内ではホールインワン保険の代わりにもなります。

 

国内外でのショッピングガード保険

カードで購入した商品の破損・盗難などの損害を補償する「ショッピングガード保険」が付帯され、購入日から90日間、年間最高500万円の保障になっています。なお、1事故に付き3,000円の自己負担があります。

 

ヘルスサポート

各地域にある提携医療機関において、「人間ドック」が優待料金で利用できます。また、「ドクターダイレクト24」というサービスでは24時間、年中無休で健康や介護、育児などに関する無料の電話相談を受け付けています。

 

手荷物無料宅配券サービス

JCBトラベルデスクで海外パッケージツアーに申し込み、カードで旅行代金を支払うと、手荷物無料宅配券片道分(空港から自宅・1回)がプレゼントされます。

 

JCBザクラスのまとめ

JCB THE CLASSは基本還元率が0.5%でしかなく、ポイントアップを受けたとしても1.5〜2.0%程度でしかありません。JCB THE CLASSはポイントを稼ぐカードではなく、上質なサービス(セレブ待遇)を受けるためのカードです。そこに満足感を得られないと、5万円の年会費が無駄になります。

 

JCBザクラスにはもちろんキャッシング機能も付いています。キャッシング機能の最高限度額は100万円になり、他のクレジットカードと大きな差はありません。お金借りる目的ならば、ザクラスはおすすめできません。